本文へスキップ

さかもと音楽院は千葉市美浜区のピアノ教室です。

お電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

ピアノ・ソルフェージュPiano&FORMATION MUSICALE

レッスン内容のご紹介

教室のピアノ

芸術表現への理解を深め、楽曲に込められた作曲家のメッセージをピアノ演奏によって

表現できるよう、高い演奏レベルを目指したレッスンをしております。

ソロのレッスンはもちろん、スタインウェイグランドピアノ他2台のピアノを使用してレッスンをしております。

楽譜から、音符一つ一つに込められている作曲者の意図を読み取り、その音にふさわしい音色をつくる、リズムひとつにしても、場面によっては同じ音符でもまた違ったリズム感を表現してみる・・・様々な音楽的要素を幼少より一歩一歩解釈・表現が可能となるよう、またさらに拡げられるようなレッスンを日々心がけております。

また常にスケール感のある演奏を理想とし、質の良い響きの広い空間で演奏表現を磨くために、

毎月、ホールを貸し切っての弾き合い会・ホールレッスン、また教室スタジオでの弾き合い会は同時にレコーディングを行い、日ごろの演奏を客観的にチェックできる環境を提供しております。

どんな年齢であれ門下生一人一人が表現者として感性を磨き、

豊かな人間性・精神力をバランスよく身に付けること、生涯学び続ける姿勢を重要視すると共に、

音楽を通して、国際社会に通用する人材育成に努めてまいります。

 

コンクールに挑戦したい方、専門教育を受けられたい方、趣味でも本格的に学び続けたい方、ピアノ奏法テクニックを改善・習得したい、効果的な練習方法を知りたいなど、様々なニーズに応じています。

                                         ピアノ指導 坂本諭加子


主要なレッスン内容

総合教育・英才教育

ピアノのレッスンのみを柱とせず、作文や論文など学問の母と言われる言語力を養うことで、総合的な表現力を身につけるレッスンを行います。
個別に面談し、一人一人のレッスン内容を決めていくので特定の型はありませんが、幼い時期から豊かな感性を導き出し、昨今重要視される『考える力』や『感じる力』を身に着けて貰えるよう指導していきます。受験にのみ着目しすぎること無く、長い期間を掛け豊かな人生を育めるよう教育を施していきます。

・お子さんに、総合的な形で思考力を身に着けさせたい。
・感受性豊かな視点を身に付けさせたい。
・国際的な観点で物事を考え、捉える力を身に着けさせたい。
・目指したい大学があるが、実技だけでなく学科試験に不安が有る。
→英語、国語、小論文など音楽系大学に必要な学科試験対策程度は可能です。基本的に偏差値65以上は目指しましょう。当学院では、ボストンの大学に通う講師がハーバード方式にて、論文や英作文を指導致します。日本の教育が大きく出遅れている昨今、豊富な発想力を必要とする文面の作成にて将来を共に考える方式を用いています(英語・日本語対応)。


幼児~大学生

初めてピアノを習う方から、専門レベルまで対応しております。初めて最初の一音を習い短い曲を完成させるときも、専門的なレベルで一音に拘り、大曲を演奏する時も、理想を追い求めるアプローチにそれほど差はありません。どの曲に取り組む時も、音楽のキャラクターや曲の構造を掴み取ること、またそれをどのようにしたら表現者として伝えたら良いのかを吟味することが大切です。その上で最大限ピアノから表現力のある音色を引き出すためには、どのような演奏テクニックを鍛錬し自分のものとしていく必要があるか、このようなプロセスを通し日々音楽と向き合うことで、毎日新たな発見や創意工夫ができるようになり、音楽を学ぶことが自分自身の成長を促してくれるものになると考えております。どんな年齢であれ門下生一人一人が表現者として感性を磨き、豊かな人間性・精神力をバランスよく身に付けること、生涯学び続ける姿勢を重要視すると共に、音楽を通して、国際社会に通用する人材育成に努めてまいります。

現在、門下生の9割がコンクールにチャレンジし、入賞実績を上げております。コンクールに挑戦したい方は、コンクール指導のコースを是非ご覧下さい。
また、常にスケール感のある演奏を理想とし、質の良い響きの広い空間で演奏表現を磨くために、毎月、ホールを貸し切っての弾き合い会・ホールでのレッスンを行なっています。1回の公開演奏は、普段のレッスンでは得られない効果があります。普段のレッスンでは指導者が先生ですが、公開演奏では会場・楽器の響き、そして聴衆が先生の役割を果たしてくれます。ある意味一番正直な反応が自分の音となりそれを耳で捉えることになりますから、自分自身の長所・短所を一目瞭然で気づくきっかけとなります。よく準備した上で、一度でも多く公開での演奏機会を設けることが、客観的に自分自身の力量を見極めることができると考えております。


ソルフェージュ

音楽の基礎教育として、総合的な知性を持って楽譜を正しく理解し演奏表現できるようにするためには、ソルフェージュ能力向上の訓練との相互作用が必要です。ソルフェージュレッスンは、幼少期から受験指導の専門レベルまで、以下の内容に対応しております。幼少期からの基礎教育の積み重ねて頂くことで、その後の演奏表現の理解を深められるよう、早期かつ継続的なレッスン受講をお勧めしております。

<幼児期〜小学低学年まで>

・ 音楽の3要素(メロディー・ハーモニー・リズム)の基礎的理解

<〜受験まで対応>
・ 聴音(旋律聴音・和声聴音・多声聴音・記憶聴音)
・ 初見(初見視奏・初見視唱)

・ 歌唱(コーリューブンゲン、コンコーネ)
・ 音楽理論(音程、音階、リズム、調、和音、音楽用語など)



コンクール指導

門下生の9割がコンクールにチャレンジし、入賞実績を上げております。
入賞実績詳細はこちら
【入賞者による演奏会出演実績】  

   PTNA入賞者によるヤングピアニストコンサート
   ”万里の長城杯”国際音楽コンクール入賞者披露演奏会  
   ポーランド国立クラクフ管弦楽団との共演           
   ヨーロッパジュニアピアノコンクール入賞者演奏会

   オーディションに合格し、サントリーホールでのジョイントコンサートに出演   他

*コンクールの捉え方
 演奏家を志す為に、また、演奏家を志すのみではなく、より激しくなる国際競争社会において、自己研鑽をより明確な目標設定とすることで、真剣な眼差しで物事へチャレンジし、達成感または厳しい現実を知ることにより、「常に目標に向かって地道に努力し続ける」姿勢を養うことが 可能です。この思考が大いに役立ち、音楽とは違った方面へ進まれる生徒さんたちの間にも士気の高まりが感じられ、国公立大学を目指されるなど、各方面で様々な形で成長されていかれる姿を見守ることが出来るのは、私にとりましても非常に歓びです。
 このコンクールという形態の捉えかたは様々に存在しますが、将来社会に出たときに、グローバル化された組織内で生き抜く為の能力を、幼い時分から蓄える大きなチャンスとなることでしょう。
 単に演奏の機会を創出するというよりは、具体的な課題を自らに課し、コンクールを自分に与えられた一つの「日々の継続的な努力を試す、良きステージ」として捉え、音楽をより魅力的に演奏し、音楽の感動を聴衆にいかに伝えられるかを勉強できる良い機会だと考えております。また、他の方の演奏を聴く事により、楽曲への新しいアプローチを発見したり、自分に足りない点、もしくは長所などを客観的に捉えることができ、自らを第三者的な視点で洞察することで、観察力を高める絶好の機会ともなります。
 ステージで演奏するというのは、誰しも緊張の連続ですし、ある程度の慣れも必要です。演奏する姿は見た目には華やかではありますが、実際は自らの精神力との孤独な戦いでもあります。可能な限り、演奏の機会を増やし、自身の音楽を情熱を持って表現出来るよう訓練していくのは生涯に渡り有益です。決してコンクールで良い成績を上げることを”目的達成”としてしまうのではなく、聴衆に感動を与えられる演奏を目指して取り組み、国際社会において大きく羽ばたいていける人材育成を目指しております。



国公立大学・音大・音楽高校受験指導

各音高・音大受験のためのピアノレッスンを行ないます。
楽曲毎に求められる正しいアプローチを可能にするため、必要なテクニックを細部にわたり丁寧に指導し、毎年合格実績を 上げております。
また、受験大学の各入試科目に合わせて、ソルフェージュ全般(楽典、聴音、コーリューブンゲン、新曲視唱、副科ピアノなど)や、論文などの個人指導も並行してレッスンをお受け頂けます。

漠然と音楽に関わる仕事ができれば、という思いだけで受験するのではなく、明確な将来像を描いて、受験に臨んでいただけるようサポートしていきます。
一般大学と違い、受験大学によって準備する科目・課題曲の傾向も様々で、対策が異なってきますので、受験を視野に入れられる場合には、高校1年時までに、受験対策を始めて行くのがベストです。
できるだけ早めに御相談頂けますと、確実な受験対策をすることが可能です。

<合格実績>
2016年度:フェリス女学院大学音楽学部ピアノ科 合格
2015年度:千葉大学教育学部中学校教員養成課程音楽科 合格  


過年度実績:武蔵野音大、東邦音大、相愛大学、千葉大学、慶應義塾大学、早稲田大学 他。
(音大へ進学される他、千葉県内の進学校:渋谷教育学園幕張、昭和秀英、東邦大付属等に通いながら、ピアノを両立し上位大学へ進学される方が多
くいらっしゃいます。)

大人のピアノレッスン

ピアノを始めてみたい、もしくはある程度弾けるが本格的なレッスンを受けたい方、社会人になってもピアノのレッスンを継続したい、と思っておられる方のためのレッスンです。
当レッスンを受講して頂くことで、今までただ音をひろって弾いていたという方も、表現の奥深さを発見し、より音楽を楽しんで頂ける方が多くいらっしゃいます。また、ある一定レベルのピアノテクニックは持っているが、何か上手くいかないという方には、適切なテクニックへの改善をご提案することで、今までチャレンジできなかった曲にも積極的に取り組んでいただけるようにレッスンをさせて頂きます。
レッスン曲はジャンルを問わず様々な曲を取り上げ、基礎から丁寧に時間をかけてレッスンをすることで、無理なくレベルアップし憧れの曲までご一緒にレパートリーを増やしていきます。



このページの先頭へ
ブログ・Facebook

活動日記 ブログ

さかもと音楽院

〒261-0012
千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6
TEL.043-376-5989
FAX.
→アクセス