本文へスキップ

さかもと音楽院は千葉市美浜区の音楽教室です。

お電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

音響学・音楽制作ACOUSTICS

音響学・音楽制作技術

教室のピアノ

当音楽院では、放送局や行政機関が後援する大規模な演奏会や、多くのスタジオワークから得られたフィードバックを、より多くの方々へご提供することに対して非常に積極的な姿勢をとっております。そもそもプロ演奏家の必要とされるスキル(能力)がどの程度のものであることなのかを、明確に示す場は多くはないと考えられます。それは、職業演奏家が極々少数であることと比例します。

またプロの演奏家と言っても、一言では言い表せないほど幅があります。ポピュラー音楽の場合、活躍の場はソリストの一アーティストとして公演を行いCDデビュー等も果たす形であるのか、若しくはスタジオミュージシャンとしてレコーディングに数多く参加するのか、あるいはアーティストのバックバンドの一員としてステージをこなすのか・・・あるいは編曲や指揮法なども学び、ピアノを弾きながらミュージカルの音楽監督を務めるなどなど、目指す方向によって音楽の趣旨も違えば活動する場も異なります。

 

ポピュラーの世界ですと、PA機材(スピーカー等で音声を拡張する)を使用することが殆どですので、その音場にも慣れ親しむ必要性があります。

 

・必要と考えられるカリキュラム

 初見視奏、リズムトレーニング、ポピュラーコード理論(ソルフェージュ全般)

 アンサンブル奏法、PA機材を使用しての演奏法





主要なレッスン内容

録音技術


レコーディングスタジオでのピアノ演奏は、非常に幅広く行われています。クラシックピアノの音源をCD化する場合から話は始まり、その対照的な存在としては、ボーカリストのバックバンドの一員として、共演者にリズム・セクション(打楽器・ベース)や弦楽器等の編成で行われるレコーディングまでが挙げられます。多くの経験から言えることですが、『これで良い』と思えた演奏も、レコーディングを実際に行った途端にシビアさが一気に増し、各々の音密度が高くなることで難しさとハードルが想像を超える状態にまで達します。市販されている簡易レコーダーや、ホールの釣りマイクのみでレコーディングを行う状況とは掛け離れた世界と言えます。現在主流となるレコーディングシステムは、PROTOOLSというソフトをパソコン上で起動させ、高性能マイクからの音声をオーディオインターフェイスを介してPROTOOLSに録り込みます。これは全世界的に見られるレコーディングのグローバルスタンダードであり、当音楽院でも同じシステムを構築し、実体験をして頂く環境を整えています。
・必要と考えられるカリキュラム

実際のレコーディングを通しての演奏検証、多重録音による演奏、アンサンブル奏法




このページの先頭へ
ブログ・Facebook

活動日記 ブログ

さかもと音楽院

〒261-0012
千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6
TEL.043-376-5989

→アクセス